06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新記事

QRコード

QR

シャララ舎の目標

2012.03.18 03:09|シャララ舎について
幼い頃に読んだ絵本にこんなものがあります。

ある夜、動物しか住んでいない深い森の中に、
キラキラひかる星の屑がいくつか降ってきました。

星の屑をひとくち齧ると
シャリシャリしていて甘酸っぱくとても美味しい食べ物でした。
動物達はみんなで美味しくいただきました。

星の屑が最後の一つになった時。

ケンカにならないように
最後の一つを土に埋めました。

するとどうでしょう、埋めた土から小さな芽が出たのです。

動物達は、小さな芽の世話をしました。

やがて小さな芽は大きな樹に成長し、キラキラの実をつけたのです。

動物達はまた、キラキラした星の屑の実をみんなで仲良く食べました。



このような話だったと思います。


幼い頃に読んだ大好きな本はいつのまにかに姿を消し。
本の題名も分からず、現在になって探す事も出来ないのですが。
その絵本に出てきたキラキラした星の実の成る樹と
想像上の味だけは印象に残っています。

当時その実がすごく食べたかったのです。


琥珀糖に出会った時、
『あの時の食べ物が実現出来るのではないか?』
という考えが頭の中をよぎりました。


絵本などに描かれている食べれるモノはとても魅力的なものです。
現実には食べられないモノも、絵本上の登場人物は
ペロッと簡単に食べることが出来てしまいます。


絵本の中に登場するモノを、自分の手に取って食べれる幸せ。
そんな特別なお菓子を一つでも人と共感できるようにすること。
ワクワク。ドキトキを人にプレゼントしたくなるようなモノを提供すること。
琥珀糖という、ステキな和菓子があることを知ってもらうこと。
それが、シャララ舎の目標です。



コメント:

非公開コメント